宅飲みで処女を卒業した淡い思い出

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
処女の初体験

「早く経験したいけど、どこで男性と知り合えるのかな…」「みんなどんな初体験をしてるのかな…」
まだ男性経験をしたことがない人にとってはどうやってそういう展開になるのか気になりますよね。

でも、こちらの記事を読めばその糸口が見つかります。

本記事では恋愛からの初体験に至るまでのお話を体験談形式でご紹介します。ぜひ参考にしてくださいね。

バンドのライブで出会ったファンとの処女卒業体験談

1年前の話ですが、私はある4人組男性バンドグループのスタッフをやっていてライブで出会った1人のファンの男性に恋をしました。

私の好きな人への対応は分かりやすいそうで、見かねたメンバーの1人がその人も誘ってライブの打ち上げをしようと言ってくれたのです。

ライブの打ち上げと銘打った宅飲み

その日は土曜日で居酒屋もどこも混んでいて探すのにも疲れてしまい1人暮らしをしているメンバーの家で飲むことに決定。

コンビニでお酒を購入し、私は人生初の家飲みです。

自宅の宅をとって宅飲みにしたのでしょうか、その言葉も聞きなれていない程。

個人的には彼氏以外の男性の部屋に上がるのは抵抗がありましたが、私含めて女子4人、好きな人含めて男子5人と人数が多かったので安心していました。

そして楽しい宅飲みを開始した時間は夜の22時。

たくさん飲んで、たくさん食べて、たくさん笑って本当に楽しくて、好きな人とも皆のお陰で話しかける事も出来て本当に感謝です。

夜も更けて、好きな人とふたりきり…

それから3時間後、皆飲んだくれて気づいたらほとんどの人が就寝。

普通に絨毯の上とかで寝ていて、私も眠くて多分2時間ほど熟睡したのでしょうか、パッと目が覚めてみたら電気は付けっ放しだし、駄目じゃんと消灯しようとした瞬間、腕を引っ張られました。

何事かと思いましたが、相手は何と意中の彼でした。

心臓が飛び出すというのはこういう事だというくらい、お互い横向きになった状態で見つめ合う感じになってしまいました。

見つめあったのも束の間、熱いキス

見つめ合いながらお互いの話をしました。

話すだけでも満足だった私ですが、そのまま彼の方からキス。大人のキスでした。

メロメロになってしまった私は、彼のすることを拒否するなんて力も残っておらず、そのままなされるがまま。

みんなに気づかれないように、口を抑えられながらされてしまいました。他のメンバーや男の子にしていることをバレやしないか、本当にヒヤヒヤしながらしましたね。

彼は早いタイプだったのか、し始めてからものの数分でおしまい。痛さをあまり感じることなく、ことが終わりました。

そのあと1時間程喋って、また気づいたら寝てしまい、次に目が覚めたらもう他のみんなも起床しダラダラしていましたね。

お酒で酔っていたので、好きな人との初めての夜はなんだか夢のように感じました。

それ以来妙に親近感が湧き、連絡先も交換出来ました。

今もその男性とは友達以上恋人未満な微妙な関係ですが、あの夜の衝撃的な行為は一生忘れません。

さいごに

初めての行為を宅飲みで済ませたという衝撃的な体験談を紹介しました。いかがでしたか。

初めてというだけでも思い出に残りますが、みんなの前で最後までやってしまうというのは珍しいでしょうね。

このサイトでは、紹介したような恋愛体験談、処女卒業体験談を募集しています。もしもあなたが経験した忘れられないお話などがありましたら、お気軽にご連絡もらえたら嬉しいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*